アジアスポーツ法学会 大会抄録集及び英文アブストラクト 執筆要項

 

 アジアスポーツ法学会2015国際学術大会において研究発表する人は、下記の執筆要項に基づき大会抄録原稿及び英文アブストラクトを執筆し、2015630日までに提出して下さい。なお、この抄録集は、大会当日の発表原稿(20分用)として翻訳し当日配布する予定ですので、当日の発表内容と同じ内容の原稿を提出してください。

 

1.提出方法

・原稿は、ファイル形式でエイデル研究所の熊谷宛または村上宛にメールで送信して下さい。また、プリントアウトした原稿を一部エイデル研究所宛に送付して下さい。

 

2.提出先メールアドレス及び住所

・熊谷耕(kumagai@eidell.co.jp)村上拓郎(t.murakami@eidell.co.jp

・エイデル研究所:102-0073 東京都千代田区九段北4-1-9

 

3.大会抄録書式

・使用言語 言語(日本語、中国語、韓国語または英語)

なお、日本、中国及び韓国の発表者が英語で発表する場合には、抄録集は、英語と母国語翻訳文の両方の原稿を提出してください。

・ソフト: ワード

・体 裁: A4

文字数: 1ページ1600字(全角40字×40行)

・文字フォント: 10.5ポイント

・ページ枚数: 4ページ

・ページ余白: 上下3cm、左右3cm

・本文中に英数字を使用する場合は半角で記述する。

・句読点は全角。

・注記:脚注(ページ最後)

1ページ目のタイトルは1行あけて、2行目にセンターリングして記述

・氏名と所属はタイトルから1行あけて、4行目にセンターリングして記述

・本文は6行目から書き始める(下記見本参照)

・所属は氏名の後に(  )書きで記述する

 

4.英文アブストラクト

・使用言語 英語

・ソフト: ワード

・体裁と文字数: A41ページ、半角40字×40行で執筆

・文字フォント: 10.5ポイント

・ページ枚数: 1ページ

・ページ余白: 上下3cm、左右3cm

1ページ目のタイトルは1行あけて、2行目にセンターリングして記述

・氏名と所属はタイトルから1行あけて、4行目にセンターリングして記述

・本文は6行目から書き始める(下記見本参照)

・所属は氏名の後に(  )書きで記述する

 

5.締め切り(厳守)

2015630日必着

 

6.発表資格

 所定の参加申込書にて発表を申し込み、参加費2万円を支払った者。(ただし、招待者は、参加費を支払う必要はありません。)

 ファーストオーサー以外の者が氏名を発表者として表示する場合には、その者も参加費を支払うこと。

 

7.発表者による申告事項

 大会抄録及び英文アブストラクトの原稿を提出する際に、下記の情報を申告してください。

 

 @氏名、A所属、B連絡先住所、CE-mail、D連絡先電話番号、E発表言語

 

 

 

※見本(罫線は無視)

 

アジアスポーツ法学の展開と課題

 

氏  名 (所  属)

 

  はじめに

  本文開始・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上