第27号(2020)競技団体の民主的運営 ~国際的動向と日本の課題

競技団体の民主的運営
―国際的動向と日本の課題―

 

基調講演

競技団体のグッドガバナンスと民主的意思決定

…………………………………………………………新川 達郎   6

 

個別報告

スポーツ競技団体のガバナンス改革のエッセンス

…………………………………………………………境田 正樹   40

競技団体の民主的運営と法的課題

…………………………………………………………齋藤 健司   50

競技者から見る競技団体の望ましい意思決定

…………………………………………………………早狩 実紀   62

パネルディスカッション
競技団体の民主的運営―国際的動向と日本の課題…………………66

 

原著論文
スポーツ選手への新しい法的救済手段の出現可能性に関する一考察
―ヨーロッパ人権裁判所とスポーツ法秩序との関係性の考察を通じて―(二)
…………………………………………………………篠原 翼     80
American Arbitration Association(AAA)の代表選手選考仲裁における法的審査の範囲と限界
…………………………………………………………松本 泰介     98
韓国における学生選手の学習権保障制度の立法過程に関する研究
…………………………………………………………閔 允淑、齋藤 健司 128

判例研究
TF 4A_612/2009, Claudia Pechstein v.International Skating Union (ISU)
& Deutsche Eisschnelllauf Gemeinschaft e.V (DEG)― Pechstein 判決 ―
…………………………………………………………篠原 翼     164

 

スポーツ仲裁評釈

JSAA-AP-2018-014(オリエンテーリング)

仲裁判断について …………………………………多賀 啓 174

JSAA-AP-2019-002(自転車競技)

仲裁判断について………………………………… 堀口 雅則 192

JSAA-AP-2019-003(スケルトン)

仲裁判断について………………………………… 置塩 正剛 206

JSAA-AP-2019-004(ペタンク)

仲裁判断について …………………………………中川 義宏 224

JSAA-AP-2019-006(テコンドー)

仲裁判断について………………………………… 飯田 研吾 242

JSAA-AP-2019-007(テコンドー)

仲裁判断について………………………………… 冨田 英司 256

 

学会通信…………………………………………… 飯田 研吾 272

日本スポーツ法学会会則                275

『日本スポーツ法学会年報』編集規程・原稿執筆要領   276

日本スポーツ法学会2020年役員名簿         278